【初心者大混乱】『Cね!』と言われたら、それは単音であり、コードであり、キーであり、スケールだという話。【解決します。】

どうも、秋彦です。

先日こんなツイートをしました。

ギターの『C』とかって文節で全く意味変わるから初心者のときにくっそ戸惑った

・キーはCね!
・この音はCね!
・そこのコードはCね!
・スケールはCね!

うるせえ、Cね!

『C』とは基本的に『ド』の音を表しますが、文節によって全く意味が変わってしまいます。

ギターって分かりにくく、曖昧な表現がすごく多いんですよね。

初心者には調べようにも調べにく内容なので、今回は解説してみます。

 

秋彦
SEO的になんてキーワードにしたらええんや。。。

 

基本的なことをおさらい

基本的なことですが、ギターではドレミファソラシドという表現をあまり使いません。

その代わりに英語表記を使います。

 

それがCからスタートするCDEFGABです。

ちなみに日本語だとイロハです。ハからはじまり、ハニホヘトイロとなります。

 

イタリア読み ファ
英語 C D E F G A B
日本語

 

実際には、ドレミは階名と呼ばれ音の相対的な距離を表します。またこれは別記事にて。

この音が『C』とは?

『この音がCね!』とか言われたら、それ単音を表しています。

3弦5フレットなどを、弦1本だけ弾いた音です。

 

コードが『C』とは?

『コードがCね!』と言われたら、それはCメジャーコードを表しています。

基本的にメジャーコードでは、メジャーという呼び方を省略することが多いです。

 

コードがCと言われたら、Cメジャーのコードを弾きましょう。

キーが『C』とは?

キーがCと言われたら、Cをルートオンにしたダイヤトニックコードです。

ちょっと難しいですが、キーがCの場合はC,Dm,Em,F,G,Am,Bm♭5となります。

逆に言えば、この場合は基本的にDメジャーや、Eメジャーのコードは使わないということです。

 

これは中級者以上でないと会話に出てくることはないでしょう。

さらに知りたい場合はダイヤトニックコードの別記事にて。

 

スケールが『C』とは?

『スケールがCね!』と言われたらCメジャースケールのことです。

この場合はメジャーも略さずにいうことが多いようです。

 

スケールというのは音階のことです。

Cメジャーはドから始まる、ドレミファソラシドのことです。

 

レ#(D#)やファ#(F#)の音は基本的に使わないということになります。

 

まとめ

初心者さんの疑問が少しでも解決できたでしょうか?

ギターってただでさえわかりにくい表現多いので、個人によって表現が特有だったりもします。

 

一番は『それどういうこと??』ってその場で聞いてみましょう。

不明点などがありましたら、コメントやお問い合わせからお気軽にご連絡ください。記事に反映します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です