弾いてみた!を撮る(録る)ために必要なものはコチラ!!

さっそく弾いてみた動画を作ってみましょう!!

 

と、その前にしっかりと機材の準備を忘れずに。

今回は、初心者向けのセッティングように機材を選んでいます。

 

何はともあれ、まずは機材を準備しましょう!

 

まずは楽器!

(予算:1万円〜5万円)

エレキギター、エレキベースなど楽器を準備しましょう。

基本的には壊れていなければ、どんなものでも大丈夫です。

 

アコースティックギターなど、電気回路を持たないものも録音可能ですが、今回は除外します。

 

ギターの音を出力するためのシールド

(予算:1000円〜1万円)

ギターやベースから、音を伝えるためのケーブルがシールドです。

こちらは必ず必要になります。

 

エフェクターを使用する場合には、シールドは最低2本以上必要になりますので注意!

 

 

ちなみに、シールドは『ギター繋ぐだけだから安くていいだろ!』って思いがちですが、それはNG

実は、レコーディング(録音)においてはシールドはとても重要です。

 

 

安いシールドは断線しやすく、雑音を拾います。

電気イルカ

蛍光灯のチカチカする音だって拾うんだからな!

シールドは多少高くても良いものを選ぶことをおすすめします。

買い直しが少なく、結果的に安く済む場合が多いです。

 

おすすめはモンスターケーブルです。僕も愛用しています。

ちなみに、ベース用を購入してギターでも使ってます!

 

 

最近は安いワイヤレスもありますが、レーコディングではおすすめしません。

音が遅れる原因にもなりますので、必ずシールドを使って接続しましょう。

 

撮影用カメラはiPhone!

撮影用カメラは必須です。

僕の場合はいつもiPhoneで撮影しています。映像もクリアで動作も軽い、電池持ちもいいので最高です。

 

iPhone用の三脚など、固定できるものを一緒に準備しておくとGOOD!!

 

使用するPCは絶対にMacがおすすめ

肝心の演奏を録音、編集するPCとソフトはMacを絶対的におすすめします。

僕もMacを使用しています。

 

Macだと標準でGarageband(ガレージバンド)という音楽ソフトが付属しています。(ちなみにiPhone,iPadでもあります)

こちらは初心者に超オススメの音楽ソフトです。

 

Macは様々なタイプがあります。

  • Macbook
  • Macbook air
  • Macbook pro

などなど。相当昔の機種でない限りは、クラッシュすることはないです。音楽ソフトが比較的動作が軽いのもMacの魅力ですね。

 

超重要なオーディオインターフェース

(予算:1万円〜2万円)

ギターとPCを繋ぐとき、マイク端子に繋ぐことも可能です。

しかし、これだとめちゃくちゃ音の処理が重くなってしまい、レイテンシ(音の遅れ)の原因になります。

 

1万円前後かかりますが、オーディオインターフェースは必ず用意するようにしてください。

これがあるとなしでは、絶対的に録音環境が変わってきます!

 

安いから!という理由で古すぎるオーディオインターフェースを選ぶのは注意です!!

最新のOSに対応しているか必ずチェックしましょう。

対応していない場合、Macがオーディオインターフェースを認識しない場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です